2020年02月18日

こんなイメージどうでしょう?



店主殿



打者は 10悶絶を初めて打っています。
注)ドライバーで言うと振動数150cpm~44インチ
  アイアンで言うと 5番170cpm前後

スイング破壊兵器シャフトが装着された
アイアン を 振っていて 7鉄 100y のトップ&ダフリ でした。

10悶絶を 打者へ譲り(強制的に😵) この日初めて 練習一緒した次第です。

最初は 振っていたので目も当てられない状況でしたので、見かねて



「赤丸の 仮想ボールをフェースで地面に押さえ込みむべし。
また 秀ニ は右向き。ボールは見ない。止まっているボールなんて見る必要なし」
と助言し、7鉄で50球ほど 打ったのが 添付動画です。


その後 9W 、Dr 問題ありませんでした。

割り切り 必要です。



店主:
ちょっと説明難しいのですが、
アドレス時 ボールは上下ではなく、左右と言う意味で
自分の㊧太もも~㊧ひざ~㊧キン◌マの前にあります。


トップの位置で右を向いた時、
スイングには傾きがあるので ある程度の高さで
やはり ㊧キン◌マの前にあると想定します。
(㊧股関節の前 ですね)

実際のボール…ではなく
右を向いた時の 仮想のそのボールを
「フェース面で!」
「地面に向かって!」 打つ
イメージで 実際のボールを打ちます。

体の向きの変更がありますから
そのイメージで 普通にボールは打てます。


逆に考えると 右を向いた時の実際のボールを打つ
その感じは 左を向いて上にボールを打つ
というコトに成り得ます。  やってみてね(。◕ˇдˇ​◕。)/


✋ボールを上から打つ とか
 ボールを潰す
 ロフトを立てる というのは
基本、からだの回転が造る時間進行の中で
左サイドが低い時間に打つ というコトと
『ヘッドが』上からではなく
打撃面である『フェース』が上からボールを見て
入ってくるというコトの合体です。

スイングはどんどん時間進行して
体の向きが変わることによって
左右の向きだけでなく 上下の向きもかわっていきます。

打とう!と思う トップの位置で
フェースでボールを地面に押し付けるイメージで
実際には ボールを横から打つコトになりますから
正面を向いてカラ、体の回転を止めて(無理)
ボールを横から打つと 結果 上に向かって打つ時間に
インパクトは入ってしまいます。
その時間差、タイムラグを把握して貰えると良いですね。
posted by スポルテ at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日のつぶやき


































posted by スポルテ at 00:01| Comment(0) | スイングプレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

正面を向くことが「打つコト」そのものです


スイングは単純にこの 時間軸・時間区分 で動きます。


①正面➡右向き
 インサイドへの移動です
 右側が高く、低い所から高い所への動きです

②右向き➡正面
 インサイドからの移動です。
 左側が低く、高い所から低い所への動きです

③正面➡左向き
 インサイドへの移動です。
 左側が低く、低い所から高い所への動きです


出来るだけ ②の時間内
微妙に③の時間にかかってしまったとしても
出来るだけ初段の状態でインパクトを迎えたいものです。

「上から打つ」
「ボールをつぶす」
「インサイドから打つ」
も作為的に作られたものではなく
この時間区分によって作られるものです。

遅れていいのよ.png


✋ ✋ ✋ ✋ ✋

ボールとからだが正対した時 というのを
意識するあまり、その状態で止めて待つ、止めて置く などは
出来るだけしてはイケマセン。 危険です!

からだの正面で! と言う思いは
そこまでに 動いているモノを
「それまでに」動かしていないと 間に合わない のです。

多くの人は 正面を向いてから作業を「し始め」ますが
当然 それでは正面と言う時間でボールをとらえるコトは出来ません。

✋重要なポイントは
正面で打つコト ではなく
正面を向くことが打つコトだというコトです!

正面と向いて「から」打つのでは
からだを開きながら打つコトになります。
からだを開きながら打てば
付け根の左肩はボールから離れながら…になりますから
左腕は出来るだけ突っ張り、長くしながら
一方 付け根の右肩はボールに近づきながら…になりますから
伸ばすことが困難になります。
👉これではロフトも開き スイングボトムは右にズレます。

体重は㊨に残り、左はあがります。

からだを正面に向けた 『から』
クラブを振る → 腕作業をすれば
からだは止まっていてくれません。
からだが左を向ききって止まり始めないと腕は動かせません。

どの道 からだの向きで腕は移動するのですから
正面→左 ではなく ㊨→正面 で 打った方が
圧倒的に良いことが多いのです。
posted by スポルテ at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする